失敗しやすいホームページのポイント

画面内に収まる情報量に注意する

ホームページは情報量が大切ですが、もっと大切なのは見やすくて情報を探しやすいことです。表示される画面内に、右から左までぎっしりとさまざまな情報が乗っていると、どこに目を向けたらよいのかわからなくなります。中にはデザインの一環としてぎゅっと情報を載せる場合がありますが、その場合でも、情報をすべて同じ大きさで配置するのはやめましょう。
重要な情報ほど大きく目立つように表示するのが基本です。そうすることで画面にもメリハリがつき、目が滑るのを防げます。また、重要な情報を認識してもらいやすいです。
1ページ内にすべての情報を載せようと考えず、一定の情報量ずつ、ページを分けて表示する方が使いやすいサイトになります。
ついつい1ページ内に情報をぎっしりと詰めてしまいたくなりますが、それは初心者が失敗しやすいポイントなので覚えておきましょう。

リンクはリンクだとわかるようにする

もう一つ失敗しがちなポイントとして、デザインにこだわるあまりにリンクがリンクだとわからなくなってしまうところです。
テキストならリンクは必ず下線があるようにしましょう。また、パソコンから見た場合、マウスを載せたときにリンクの色が変わるようにするとよりわかりやすくなります。スマートフォンからの場合、パソコンのようにカーソルの形が変わらないので、なおのことリンクがリンクだとわかるように下線を必ずつけましょう。
画像の場合も、クリックできるということがわかるようにしましょう。画像内に案内を書いたり、いかにもリンクっぽいバナーの形にしておきましょう。画像の外にテキストで、クリックを促す言葉を書くのも効果的です。