誰でもできる!自分でタグを打ってみよう

HTMLのタグ打ちに必要な物

自分のお店やチームを宣伝したり作品を発表したいと思い、自分でホームページ作りを考える人も最近では多いようです。きっとこの記事を読んでいるあなたもそうでしょう。ですが、HTMLって何?タグを打つには何か特別なソフトが必要なの?と思うかもしれません。心配はいりません、タグを打つのに特別なソフトは必要無いのです。PCに最初から入っているテキストエディタでできてしまうのです。
もちろんそのまま書きたいものを書けば良いわけではありませんが、タグと言う特別な言葉を使う事でできてしまうのです。
また、保存する際に拡張子を「html」にする必要があります。これによって表示するブラウザが「HTMLファイルだ」と判別してくれるのです。

簡単なHTMLでできる事

少し専門的な話になってしまいますが、HTMLはC言語と言ったプログラミング言語のように色々な関数を組み合わせる訳ではないのでとても簡単です。画像を載せたければたった一文で宣言すれば良いだけで、基本的に複雑な計算などは必要ありません。あるとすればどこに何を表示させるかと言うサイズの計算くらいで、簡単な算数で事足ります。
基本的として覚えておくべきはフォント指定と画像配置とテーブルのタグ、そして改行を表す<br>と言うタグです。簡単なホームページを作るならひとまずこれさえ覚えておけば大丈夫です。テーブルタグとはいわゆる表を作るタグで、マス目上にテキストや画像を配置できるので非常に便利です。段々慣れてくるとCSSと言う言語でもっと便利に指定ができるようになるので、興味があれば是非調べてみましょう。

ホームページ作成の見積もりをインターネットから申し込みすることが出来ます。イメージを詳細に伝えることでより精度の高い見積もりが取得可能です。