簡単!エディターでらくらくホームページ

特別なソフトが無くてもできるHTML

ホームページ作成と言うと何か特別なソフトを買ったりプログラミング言語を覚えなくては作れない、と思う方もいるかもしれません。ですが、ホームページは一切お金をかけずとも作れます。PC内にあらかじめ入っているテキストエディタでも作れてしまうのです。テキストエディタに入力したソースコードをPCのブラウザが読み込み、HTMLとして表示してくれるのです。
一つだけ気を付けるのはHTMLを書き込んだファイルの拡張子を「html」にする点のみです。これを行う事で、ブラウザも「HTMLファイルだ」と認識してくれるのです。
また、HTMLは正確にはプログラミング言語ではなくマークアップ言語と良い、プログラミングほど複雑ではありません。簡単に言えば「タグ」と言うもので情報を載せる紙を用意したり、文字を加工するカラーペンや画像を貼り付ける糊等を用意すると言うだけで、複雑な計算が必要な訳ではありません。

ホームページを飾りつけるCSS

ホームページのデザイン面で欠かせないのが「CSS」です。こちらもHTML同様プログラミング言語ではなくマークアップ言語の一つで、そこまで難しいものではありません。背景を赤にしたいと言う一文を載せればそのまま画面に反映されます。HTML同様テキストエディタで作成する事ができ、こちらの場合は「css」と言う拡張子にすればブラウザがCSSファイルとして読み込んでくれます。
また、CSSはホームページのどこに何を載せるかと言う詳細な設定をする事もできます。こちらには多少の計算が必要ではありますが、例えるなら手書きの壁新聞を作るのにタイトルや記事の位置をどこにするか、を考えるのと同じくらいの単純な足し算引き算で事足ります。考えている内に分からなくなってしまう、と言う方はまさに壁新聞を作る要領で手書きの構成ラフを作れば後はCSSに落とし込むだけで簡単です。

HP作成に必要なのはHTML言語を学ぶことです。もし学ぶ時間が無ければ、業者に委託することも可能です。